血圧を下げる!高血圧対策について!

こちらでは高血圧対策について解説しています。

高血圧の症状は・・・

血圧が高くなるとどんな症状がでるのか。

知らない方も多いですが、多少、高い位では、あまり症状はでないんです。

でも、動悸、息切れ、心臓の圧迫感、めまい、頭痛、手足のしびれ、頻尿こんな異変を感じたら結構酷い事態なので注意しなくていはいけません。

高血圧を予防したいなら、野菜や魚は多く食べた方がいいでしょう。

そして、できればお肉や唐揚げなど脂肪分を控えて栄養バランスの良いご飯に変えてください。

毎日つづけると肥満対策にもなるので高血圧の予防になります。

血圧が高い人は、色々と心配されていると思いますが、特にお風呂に入る時が危ないといいます。

なぜなら、熱い湯に急に入ってしまと血圧が急激に変化してしまいます。

つまり、脱衣所を温めたり、お風呂の温度を下げるようにしてください。

お風呂で倒れて事故にならないためにもくれぐれも注意してください。

手や足首を動かすストレッチ等を行うのは、高血圧の改善に効果的です。

なんで、ストレッチが効果があるのかと言うと、それは、末端血管の血流がよくなるからなんですね。

ところが、2、3回やったからと言っても意味がないので、気長につづけてみてください。

血圧を下げたいなら、味の濃い物を控えた方がいいといわれています。

日本人の塩分の摂取量目標は、約1日10g未満だといわれている訳ですが、これを超えている人は多いので注意が必要でしょう。

味噌や醤油などの調味料を使う際は減塩になっているものを選ぶようにしてくださいね。

寒くなってくるとエアコンや暖房を使用しますが、トイレなど行くとき冷えた場所にいくなら出来る限り注意してください。

その理由ですが、急激な温度差があると極端に血圧が上がるからです。

このようなことを毎回、やっていると所謂、高血圧症になるかも知れません。

なので、急減な温度差には注意してください。

 

広告を非表示にする