血圧を下げる!高血圧対策について!

こちらでは高血圧対策について解説しています。

高血圧の症状は・・・

血圧が高くなるとどんな症状がでるのか。

知らない方も多いですが、多少、高い位では、あまり症状はでないんです。

でも、動悸、息切れ、心臓の圧迫感、めまい、頭痛、手足のしびれ、頻尿こんな異変を感じたら結構酷い事態なので注意しなくていはいけません。

高血圧を予防したいなら、野菜や魚は多く食べた方がいいでしょう。

そして、できればお肉や唐揚げなど脂肪分を控えて栄養バランスの良いご飯に変えてください。

毎日つづけると肥満対策にもなるので高血圧の予防になります。

血圧が高い人は、色々と心配されていると思いますが、特にお風呂に入る時が危ないといいます。

なぜなら、熱い湯に急に入ってしまと血圧が急激に変化してしまいます。

つまり、脱衣所を温めたり、お風呂の温度を下げるようにしてください。

お風呂で倒れて事故にならないためにもくれぐれも注意してください。

手や足首を動かすストレッチ等を行うのは、高血圧の改善に効果的です。

なんで、ストレッチが効果があるのかと言うと、それは、末端血管の血流がよくなるからなんですね。

ところが、2、3回やったからと言っても意味がないので、気長につづけてみてください。

血圧を下げたいなら、味の濃い物を控えた方がいいといわれています。

日本人の塩分の摂取量目標は、約1日10g未満だといわれている訳ですが、これを超えている人は多いので注意が必要でしょう。

味噌や醤油などの調味料を使う際は減塩になっているものを選ぶようにしてくださいね。

寒くなってくるとエアコンや暖房を使用しますが、トイレなど行くとき冷えた場所にいくなら出来る限り注意してください。

その理由ですが、急激な温度差があると極端に血圧が上がるからです。

このようなことを毎回、やっていると所謂、高血圧症になるかも知れません。

なので、急減な温度差には注意してください。

 

広告を非表示にする

高血圧の対策には玉ねぎがいい?

よくふるくから玉ねぎが高血圧に良いなんて事をいったるするのですが、一体どのような効果があるのか?

玉ねぎには、血液をサラサラにしてくる効果や血糖値を下げるはたらきがあるのですね。

ですので、血圧が高い人は、毎日食べてもいいです。

しかし、玉ねぎを生で食べる時、辛み成分を取るからと言って水につけると成分が流れて効果がなくなるので注意が必要です。

血圧を下げる方法もいろいろありますが、簡単な方法には、日頃からお茶を飲むのもありでしょう。

実は、お茶には血圧を下げる効果が注目されています。

よくあるのが、緑茶だったり、ウーロン茶や柿の葉茶、また、ハーブティー、他にも数多くありますが、これらが代表的なお茶です。

当然ですが、このようなお茶を飲んでも、今すぐ効果が出るものではありません。

お茶に関していえば、手頃なので、予防や改善のためにも試して頂戴。

血圧が高くなってしまう原因や要因にはどんなことあるか知っていますか。

もちろん色々あるのですが、多いとされのに睡眠不足・過労・過度なストレス・偏った食生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)・肥満・遺伝などがあるのですね。

そして、その対策としては、生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)習慣の見直しを行ってみて頂戴。

血圧を下げる方法にも様々あるのですが、その一つとしては、かかとあげ体操があります。

どんな方法かと言うと、立った状態でかかとを上下させるだけなので、どなたでもやる事は可能です。

数十回もおこなえば、次第に血の流れが良くなっていきます。

その結果、血圧も下がっていきます。

かかと上げだけなので、楽におこなえますので、高血圧で心配な人は、実践してみましょう。

それでも、短期間では効果は期待できないので、習慣にすることがポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)です。

ご存じない方も多いのですが、高血圧と言うのは遺伝します。

高血圧が片親の場合30%前後で両親なら50%の確立で遺伝すると言われています。

但し、遺伝といっても両親と同じような食事をしていれば、体質が同じ感じになるといったことです。

その様な事から親が高血圧になっているなら、特に気をつける必要があるでしょう。

じゃがいもが高血圧の予防になるってご存じでしたか?何と無くといったとじゃがいもの皮には、嬉しいことにカリウムがふくまれます。

この成分は、尿と伴に塩分を排出するメリットがあり血圧が高くなるのを予防します。

また、皮にカリウムが多いいので、食べるようにしましょう。

他にもカリウムがふくまる食品を摂取して頂戴。

 

高血圧の原因は?血圧を下げるために・・・

なぜ高血圧になるか?その原因には歳をとる、加齢があります。

つまり、次第にどんな人でも血圧は高くなっていくということですね。

中高年の方は、しっかりと対策することが、大切です。

落ち度がないかどうか今一度見直してみて頂戴。

高血圧で頭痛が酷い人は注意が必要です。

場合によっては、高血圧性脳症や脳出血になりかけているかも知れないからです。

持ちろん、今すぐに検査してもらって頂戴。

なにもなければ安心できます。

仮に異常があっても早期に治療をはじめれば、大切には至りません。

ですから血圧が高めの人は気をつけましょう。

気になる塩分ですが、どのぐらい摂るのがいいのか?普通の人は、1日に10g未満とされているんですね。

ただし、高血圧患者の場合は、1日6g以下に抑えることが大切です。

その様な事から血圧を安定指せたいなら、なるべく減塩するようにして頂戴。

ちなみに調味料などは減塩商品もあるので、このような物を使ってみると楽に減塩できるでしょう。

青魚を食べると血圧が高くなるのを防ぐ効果があるといわれています。

これは、EPADHAに秘密があります。

EPADHAには血管を元気に指せる効果があります。

よく、鯖、鰯、秋刀魚などが定番でしょう。

できれば魚を購入して食すのがいいワケですが、無理なようなら缶詰で代用しても全然、構いません。

今では、ドラックストアにサプリもありますので、一度確認してみて頂戴。

たばこを吸われる方もいますが、日頃の血圧が高いなら、この機会に禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)して頂戴。

たばこに関して言えば、健康に関して何一つ良いことはありません。

タバコがダメな理由は、血管を収縮指せるので、血管を痛めたり、血管の病気を引聴こすことがあるんです。

そして、血圧が高くなってしまいます。

どうしてもタバコがやめられないと言うのであれば、禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)外来がある病院で治療して頂戴。

知っている人も多いですが、酢って血圧が下がはたらきがあります。

ですから、高血圧の予防と改善を考えているなら試しにお酢を飲んでみるのもいいでしょう。

お酢なら多様な料理でも使えますし、続けやすいでしょう。

ただし、飲むを止めれば、昔のように戻ってしまいます。

高血圧の対策にはお酢がいい?